株式会社 千年王国

千年王国タイトル
コンセプトページのトップ画像

妖怪開運堂
2007.4.5~

妖怪工房
2010.7.25~

本舗目玉おやじまんじゅう
2010.8.29~

SHOP

“人と自然と妖怪が共生する”世界観を体感できる場の提供に努めております。

水木しげるロード内では4店舗を運営。
ロードでは妖怪ブロンズ像の探索を。
当社4店舗ではさらに“妖怪感知感覚”を磨こう!

SHOP1
水木しげる文庫
2005.8.4〜
時世が移りウェブコミックやケータイ小説が台頭しようと、やはり本は手にとってページをめくり楽しみたいもの。 境港に水木しげるロードがあらわれたある日、水木プロダクションのマネージャー(水木しげる先生の弟さん)に、先生の書籍を取り扱う場「水木しげる文庫」をつくりたいとお願いしたところ快諾していただき、それから10年の歳月を経た2005年8月4日、開店の運びとなりました。 その記念として描かれた、水木しげる先生直筆の壁画はファン必見です。 (店舗正面左下の外壁と店内の壁の二カ所)
店名のとおり、年代別ゲゲゲの鬼太郎はもちろん、貸本時代の復刻版、そして水木しげる先生の妖怪画の原典になった鳥山石燕と井上円了の妖怪絵や江戸の黄表紙、また先生を信仰する荒俣宏氏や京極夏彦氏と様々な著作品を取り扱っております。 ほかでは手に入らない、特別な一冊を見つけてください。 そして『妖怪の森』をイメージした店の奥には等身大のぬりかべをはじめ、様々な妖怪の壁面画が描かれておりおどろおどろしい雰囲気を醸し出します。 実はここにも水木しげる先生からの贈り物『妖怪の森』原案のイラスト図があります。探してみてくださいね。
・・・時代が変わっても変わらないものがある 突如としてその姿を現した妖怪島。 ここではあくせくとした時間の概念は無く、常に逢魔ヶ刻の如き夕闇に包まれ、どこか懐かしい白日夢のような世界が広がり、人ともおばけともつかないもの達が跋扈(ばっこ)している・・・ そんな世界感に浸れる水木しげる先生の文庫専門店でこころゆくまでお楽しみください。
SHOP2
妖怪開運堂
2007.4.5〜
朱塗りの鳥居が目印の妖怪開運堂。 2007年4月5日にOPEN。 ひときわ目立つ鳥居をくぐるとさらに真正面には、朱色の御神柱! 御神柱は天と地をつなぐもので、神の御霊が宿る依代(よりしろ※)と言われており、そこはまさに神の降臨する場所。※依代とは神霊が招き寄せられて乗る乗り物であると言われております。


『神に成りそこなった妖怪』が人々に幸運をもたらすことを恋願ったことから出現したお店です。 人と自然(=妖怪)の共生をコンセプトとする当社は、水木しげるロードに設置された妖怪ブロンズ像たちもまた≪環境へのオマージュ≫として、重要な役割を持っていると考えます。人々が安心して過ごすことができる日々の中で、自然という存在は必要不可欠な要素であること、それは日本古来から存在する妖怪も同様の役割を担っているということ。自然なくして妖怪は存在せず、妖怪のいない自然は自然にあらず。これは日本だけではなく世界中どこでも共通する意識であり、これからも未来へ向けて大切に発信し続けていきます。


水木しげる先生の名言「幸福の七か条」の七つ目“目には見えない世界を信じる” 目に見えないけれど感じることのできる神聖なる空間。当社のシンボル的なこの空間をどうぞお楽しみください。
【店内にある朱色の御神柱】 朱い鳥居をくぐると目の前に現れる御神柱。 訪れた際にはぜひ手を合わせ、≪神頼み≫ならぬ≪妖怪頼み≫でご利益を授かってください。 妖怪の持つ「幸せパワー」で素敵なことがあるかも・・・!
SHOP3
妖怪工房
2010.7.25〜
2010年7月25日「水木しげる文庫」向いに手作り工房としてOPEN。鳥取県内では初めて県産材の杉間伐材を100%利用した山小屋風店舗です。 そこかしこに陽気な妖怪が漂う店内はオープンから10年以上たってもいまだに木の香りが漂う落ち着いた空間で、鬼太郎をはじめとする妖怪パーツを用いてジオラマや時計、オルゴールなどを手作りしていただけます。
また併設された『鬼太郎幽便屋さん』では、既製品のオリジナル板ハガキに色付けやメッセージをかいて、境港限定‘妖怪消印’が押されて届く妖怪ポストへ投函ができます。 さらには投函した年から5年後の霊在月(お盆の頃)にこっそりと配達される、ぬりかべ型の『未来妖怪ポスト』もあります。 どちらも水木しげるロードにきた記念として多くの方々にご利用、また再来していただいており、未来へ繋げるお手伝いに、当店自慢の目玉商品としてご案内しています。
その他、店内には鳥取県にまつわるアート作家さんの工芸品を展示した空間や販売スペースもあり様々な作品を取り揃えています。 鳥取県や境港市の新たな魅力がみつかる場所として力を入れており、新たなアーティスト作品を定期的に発信できるよう目指しています。 2Fまでの遊びごころに溢れた吹き抜け部分や、コーヒーなどをゆっくり飲めるテラスなど。見るだけでワクワクする、居るだけで創作意欲の湧いてくる、そんな癒しの空間へぜひお越しください。
SHOP4
本舗目玉おやじまんじゅう
2010.8.29〜
入口で、ひと際目を引くお辞儀をするカラクリ「目玉おやじ」。 2010年8月29日 水木しげるロード銘菓『本舗目玉おやじまんじゅう』の専門店としてOPEN。 鬼太郎ファミリーで一番人気の「目玉おやじ」は、子供(鬼太郎)を想う親心あふれるお父さん。子を想う気持ちはなにものにも代えられない!そんな愛情溢れる想いを込めて『目玉おやじまんじゅう』は誕生しました。
当店のおまんじゅうは、目玉おやじのコスプレ姿の人形焼きというレア商品。 おなじみの茶碗風呂に入ったおやじ、読書中のおやじ、幸運を招くおやじの計4種類を取り揃えます。 さらに特長的なのは中身の餡。こちらも、まるで子を育てるように農産者の方々が愛情を込めて作った地元の特産品フルーツで彩ります。
鳥取県産20世紀梨の果肉と果汁を練りこんだ【梨あん】は味も食感もほかにない当店の一番人気。そのほか贈答品に使われる「大栄スイカ」や鳥取県の一部集落でしか採れない希少な「花御所柿」、大山の恵みで育った「ブルーベリー」、また定番のこしあんは北海道のエリモ小豆と国産にこだわり、本当に美味しいもので作られた計8種類の味を展開。 生地や卵(鳥取地鶏さくらたまご)にもこだわり、無添加で防腐剤を使わない、身体に優しいおまんじゅうを作りました。 そしてひとめを引くカラフルなパッケージはミラノで経験を積んだ鳥取出身のデザイナーさん制作という、とことん鳥取づくしのおまんじゅうなのです! ここにしかない美味しさをご家族みんなで味わっていただきたい。 「もう1個食べたくなるおまんじゅう」をぜひ一度、ご賞味あれ。